前へ
次へ

腰痛は筋トレで克服しよう

腰痛になると、外出がおっくうになり、筋肉が衰えることで、さらに悪化することがあるようです。この傾向は、年をとるに従って顕著になってくることから、少しでも体を動かすことを心掛け、筋肉を衰えさせないようにすることが肝心といえます。そのため、体が弱ってから運動をし始めるのではなく、元気なうちに十分な筋肉をつけておくことです。そうすれば、少しくらい体を動かさない時期があっても、リカバリーができるのです。筋肉は動かしていさえすれば、ある程度年齢を重ねても維持することができるので、とにかく、普段のケアがとても大事になるわけです。腰痛は、筋肉のバランスが悪い状態で、無理な力を加えた場合になることが多く、これを防ぐことが対策になります。運動をしている人でも過度の力が加わり続ければ、腰に負担がかかり、腰痛になってしまうのはこうしたわけといえます。まずは自分も腰痛になる可能性があると思い、体力を維持しておくことが大切です。

Page Top