前へ
次へ

日常的に起こる腰痛を考える

腰をかがめて作業をした後など、腰痛を感じることがあるでしょう。これは腰に負担がかかったという証拠です。そのままにしておいても翌日には回復をしているということもあります。しかし出来るだけ湿布薬を使うなど対策は取っておいたほうがよいでしょう。腰をかがめて行う作業が続くとこの姿勢が慢性的な腰痛の原因になってしまい、中々痛みが引かないということになってしまいます。ですから痛みを感じたらすぐにでも対策を取るべきです。また腰をかがめて行う作業の合間に少し体を伸ばすなどのストレッチを取り入れるとよいでしょう。それだけでもかなり腰への負担を軽減させることができます。作業に集中をしているとどうしてもストレッチを忘れてしまいますが、意識をしておくことも必要です。体を守るためには適度なストレッチを取り入れるということはとても大切です。同じ姿勢は体への負担が増えてしまう要因となってしまうので注意をしなければいけません。

Page Top